お金を借りる事なく上手に貯蓄するコツ

公的な賃貸住宅を利用してお金を貯めよう

住宅 みなさんの中で特優賃という言葉を聞いたことがある方はいらっしゃいませんか。 これは、特定優良賃貸住宅の略で、特定優良賃貸住宅とは各自治体の認定を受けて立てられた公的な賃貸住宅のことを指しています。

この特定優良賃貸住宅制度は、お金の貯蓄という部分にも密接に関係していて、なぜならば一般的な家庭が安定した財を成すために提供されている制度でもあるからです。 こちらの制度を利用できるのは特定の収入範囲におさまる家庭のみで、上手く制度が適用されれば国や市が家賃の一部を補助してくれるのです。

家賃は生活費の中でも占める割合が大きい部分になりますので、その家賃の一部を負担してもらうことができれば、お金の貯蓄という観点から見ても大きなメリットになるでしょう。

高品質賃貸物件を低価格で借りることができる

また、優良という言葉からもわかる通り、充実の暮らしをできる賃貸に限定して認定されるのがこの制度の特徴でもあって、具体的な例を挙げてみると、広さが一般的な賃貸よりも広くとられている、アクセス面が非常に良好で主要な交通機関へ徒歩圏内の立地、また病院をはじめとした生活の安定度を高めるために必要不可欠な施設が近隣に存在している場合も多いです。 さらに、お年寄りがいる暮らしを考慮した作りになっていることも多く、バリアフリーが完備された住宅も多いのです。

このように、ただ安く賃貸を借りられるだけではなく、賃貸の質も伴っているのが特定優良賃貸住宅となりますので、各自治体が定める基準を満たしているかどうかを確認して、入居の申請を出してみてはいかがでしょうか。

こちらの特定優良賃貸住宅制度については、単純に家賃のお金を節約したいという人についても向いていますし、少し背伸びをしてワンランク上の暮らしを楽しみたいという人にも最適です。

勘違いしたくないのは、低所得者向けに提供されている賃貸ではなく、中堅所得者に向けて提供されているのが特定優良賃貸住宅なので、その点については十分に留意した上で利用したいところです。

●最新ニュース
  • クレジットカード情報盗難防止へ 改正法が成立
  • 来年度予算編成の基本方針を閣議決定
  • 自民 兵庫県議などの任期のずれ解消で法案提出へ
  • カジノ解禁法案 民進 意見集約は見送るも一致した行動確認
  • 小池知事支援の区議処分 「身上書」見て扱い決定 都連会長
  • 沖縄北方相 北方領土問題の進展に向け一層の啓発を
  • カジノ含むIR法案審議入り 衆院内閣委員会
  • 自民党税制調査会 ゴルフ場利用税廃止は見送る方針
  • 自公 給付型奨学金で首相に提言 月3万円基本額に