お金を借りる事なく上手に貯蓄するコツ

自動車はお金が掛かるので、節約効果が大きい

軽自動車 車に関係する費用を節約するためには、燃費については切っても切り離せない部分ですが、燃費の悪い車に乗りながら、燃費を良くするような行動をしていたのでは、あまり意味がありません。 それならば、商品選びの段階から燃費について踏まえておくべきであって、車の本体やタイヤなどがそれに該当するでしょう。

やはり、燃費の良い車と悪い車に乗った場合のお金の差は歴然で、これは努力で補え切れない部分もありますので、お金の節約効果の高い車をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

燃費の良い車の代表といえば、軽自動車で昔と比べて燃費向上の技術も高まってきていますので、近年の軽自動車の燃費はかなりのものといえます。 加えてハイブリット車も燃費という面ではメリットが大きいので見逃したくないところです。 自動車のネット販売などでは、これらの燃費ランキングを掲載しているところもありますので、それらを参考に燃費の良い車を選んでみるのもよいでしょう。

低燃費タイヤもお手頃価格へ

次にタイヤですが、最近はエコタイヤというものが人気で、こちらは低燃費タイヤとも呼ばれていて、エコタイヤはタイヤの転がり抵抗という部分に着目した画期的な商品でもあります。

一般的には、転がり抵抗を減らせば減らすほど燃費向上に繋がるわけですが、逆に転がり抵抗を減らしてしまうとタイヤの性能が発揮されない状況に陥ってしまうのです。 しかし、技術の向上によって転がり抵抗を減らしつつ、タイヤ性能を維持させるという方法が発明されてからは、エコタイヤがブームとなってきました。 10%の転がり抵抗の減少によって、燃費が1%程度向上するという具体的な数字が出されることもあって、ネックだった値段についても年々企業努力などによって減少傾向にありますので、燃費の良い車を購入したならば、タイヤについてもエコタイヤを装着してみるのもよいのではないでしょうか。

車は生活の中でも欠かせないものなので、車関連のお金の節約は大きなポイントです。

お金を借りる、借りたいと考える前に、しっかりと節約することが大切です。 お金を借りた場合は借金となります。 借金は後で元金に利息を付けて返さなくてはなりません。 そうなると、大幅に損をしてしまうことになります。 自動車は金食い虫の所があるので、この部分を節約することで家計に余裕が出てくるはずです。 場合によっては、車を持たずに必要な時だけレンタカーで借りるという方法もあります。 車は、借りたい時だけ借りる様にすれば維持費を掛けずに済みます。

特に通勤に車を使っていなくて、買い物ぐらいにしか利用していない場合、あるいは、毎月高い駐車場代を支払っている場合には、車がないと生活ができないのかをよくよく考えてみる必要があります。 車を持っていると、タイヤやオイルなどの消耗品の買い替えなどのメンテナンス費用、それに新車は購入から3年目、それ以降は2年ごとの車検に掛かる費用、そして毎年5月頃に請求がくる自動車税などの多くのお金が掛かります。 普段、金欠で悩んでいるという人は、多くのお金が車の維持に掛かっていることを自覚する必要があります。 車をもし自動車ローンで購入していたら、その借金の支払いも必要となります。 本当に車が無いとダメなのか熟考した方が良いでしょう。

クルマを高く売るには個人売買が一番

クルマを手放すようになったきっかけは、私が突然海外に出張することになったからです。

数年は海外に住む予定で、帰ってくる時期もわからないので、クルマを持っていても駐車場もないし、税金も高くつくので手放すことにしました。 当時持っていたクルマは、マツダのデミオです。 新古車の状態で100万円で購入し、2年程度乗っていました。

状態としては大切に使っていたので、汚れとかはないのですが、一度だけぶつけたため、車体の後部に小さなへこみがありました。 クルマを売るにあたっては、まず、中古車の買い取りサイトに登録し、見積りをとりました。

見積もりは1社でしかとっていないのですが、査定額は、たったの20万円でした。 いくらへこみがあるとはいえ、その査定額はあまりに安すぎると思いました。

他の会社に査定をして頑張って交渉しても、30万円にもならないであろうと考えた私は、お店にクルマを売ることをやめました。 そして、ちょうどクルマを欲しがっていた会社の後輩に売却することにしました。

クルマを売るにあたっては、お互いが得になるようにと、中古車販売サイトでおおよその販売額を検索し、市場価格を調査しました。 大体、7、80万円程度だったので、50万円で買ってもらうよう提示したところ、二つ返事で欲しいと言われ、交渉が成立しました。

結果的に、私は高く売れて、後輩は安く手にいれることができたので、お互いによい取引ができたと思います。 あれから、5年もたちましたが、後輩は今でも私の売ったクルマに大切に乗ってくれているようです。

クルマを売った経験から学んだことは、お店に売っても思うような値段では買ってくれないので、高く売るには個人売買が一番いいということです。 売り手も高く買ってもらえるし、買い手も安くかえるのでハッピーな取引だと思います。

私の場合も車を売ったおかげで、お金を借りる事無く海外旅行の準備をすることができました。 [追記]

車を売ることになった経緯

彼此、今から14-15年前に車を売った話を書こうと思います。

社名はノアです。 車を所有した期間は、約1年で走行距離は1万km弱でした。

当時、一人暮らし始めたばかりで、お金が全然なくお金を借りる事もあり、生活をいろいろ見直していたのですが、最後車が残りました。 初めて新車で購入し、本当は売りたくはなかったのですが、車の保険・ガソリン代も毎月カードで支払う始末で、これでは自動車を所有することはできないと感じ車を売ることにしました。

やはり、車を売りたくないため、安易にインターネットで車を売る会社を決め、今から考えれば、いろんなところにも査定を出し、売る先を考えればよかったなと思います。

また、当時売らなければ、当時自動車ローンも残っていたので、ここで売らないと赤字になるので、売ることにしました。 走行距離も少なく、所有年数も短いので、高く売れるのかなと考えていたのですが、思ったいた金額より安くガッカリしました。

希望価格より安かったので、なぜかと聞くと、ドア部分に傷がありそれが査定を下げていることでした。 しかし、自動車ローンが残っていてそれを全部返却できるだけのお金が欲しいことを、査定会社に告げました。 すると、なんとか希望価格にしてもらうことができ、売ることになりました。

売るときは、正直非常に寂しい気持ちで、何度も売りたくない気持ちになり、何度も売ることをやめようかと思いました。 でも、車を持っていても、お金が無い自分には維持できないということで、自分自信を納得させて売りました。 [追記]

現在は、バイク王で中古バイクを買って、それを自分の足としています。

自動車ローンでお金を借りるのは仕方がない

お金を節約したいなら、車を持たないのが一番です。 そうすれば、購入費用、維持費、駐車場代などのお金が掛かりません。

ですが、仕事や住んでいる場所の問題でどうしても車が必要と言う方もおられるはずです。 車を購入する際は、お金を借りるのではなく現金一括払いが理想的です。 とは言っても、さずがに現金で全額を支払えるほどの資力のある人は少ないと思います。 車は数百万円単位の買い物なので、金融機関の自動車ローンでお金を借りるのはしょうがないでしょう。

仕方がないと言っても、借りるお金の額はできるだけ少なくする努力はしなければなりません。 お金を借りるのは簡単ですが、後日、仕事などで稼いで返済しなければならないという事を忘れてはいけません。

また、タダでお金を借りることが出来るわけではないので、金利分を付加して返さなければいけません。 つまり、お金を借りると損をしてしまうという事です。 だから、借入額は極力減らす必要があります。

今は、小型の普通乗用車でも、諸経費を含めると2百万円ぐらいのお金が必要となります。 2百万円の車を買う場合は、少なくともその1/4の50万円程度は頭金としてお金を用意しておいた方が良いです。

また、車を購入する際は、あまり使わないオプション品を購入しないことも大切です。 例えば、スマートフォンを持っているなら、カーナビは買う必要がありません。 スマホにカーナビアプリをダウンロードすれば、事足りるからです。 パワーシートも不要です。 電動でシートを動かせたとしても、運転者なら購入後に1度シート調整をするだけで後は用無しとなるからです。 ですので、座席の調整は手動で全く問題ありません。 車はほとんど使わないオプション品があるので、その様な物を購入してもお金の無駄になるだけです。 [追記]

以前、お金を借りる審査に落とされたが再チャレンジ

審査が柔軟、スピーディーなのが有名なネット専業の消費者金融にお金を借りる為にキャッシングを申し込みました。 ネットから審査を申し込むんですが、本当にお金を借りる手続きが簡単です。

実は以前に一度お金を借りるつもりで同じところに申込んだのですが、属性が悪かったせいか落とされてしまいました。 でも今度はバイトを続けて1年は経っているし、他にも借金がないので自信がありました。 「数秒審査」が売りの会社だったんですが、なんと本当に数秒で落とされてしまったのです。 「以前とは属性も変わっているのになぜ審査に通らないんだろう?数秒って本当に審査しているのか?」と疑問に思いました。

ネットで口コミを見たけど、明らかに自分より属性の悪い人がお金を借りることができています。 納得はいかなかったけど審査に落とされてしまったし、キャッシング利用は諦めて知人から借りることにしました。

そしてさらに6ヶ月経って、お金を借りる機会がまたやってきました。 この前数秒で落とされた消費者金融にまた申し込むなんてしつこいかなと思ったのですが、ちょっと意地になっているところもあります。 もしかしてと思ったので、以前とは全く違うメールアドレスで申し込むことにしました。 そしたら、なんとあっさり仮審査通過して本審査も通ってしまったのです。

これは憶測かもしれないのですが、数秒で落とされたときは恐らく過去のデータが影響して自動的に振り落とされた可能性があります。 最初に希望していた金額よりも下がってしまったものの、収入証明書の提出もなく無事にお金を借りることができました。 [追記]

●最新ニュース
  • イラク首相“ISに勝利しモスルを解放”と表明
  • 韓国閣僚 慰安婦問題の資料 ユネスコ記憶遺産登録支援へ
  • 国連安保理 北朝鮮への非難声明をロシアが阻止
  • G20サミット テロ対策で連携 首脳声明
  • ベネズエラで議会に暴徒 議員ら10人以上けが
  • ピコ太郎さん 国連本部へ 政府主催のレセプション出席のため
  • 対IS作戦で市民600人超が死亡
  • トランプ大統領とプーチン大統領 初会談へ